石川直樹 写真 – 石川直樹写真集「THE VOID」

概要

写真家であり、冒険家で作家でもある多彩な才能を併せ持つ石川直樹さん。多くの有名な山にも登頂し私たちが見れない世界を写し続ける、他のカメラマンとは一線を画す石川直樹さんは辺境の地に行く時にどんなカメラを持って行くのでしょうか?

See 664 photos and videos by Naoki ISHIKAWA|石川直樹 (@straightree8848). Naoki ISHIKAWA|石川直樹 (@straightree8848) • Instagram photos and videos See 659 photos and videos by Naoki ISHIKAWA|石川直樹 (@straightree8848).

Amazonで石川 直樹の石川直樹 写真集 Mt.Fuji。アマゾンならポイント還元本が多数。石川 直樹作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また石川直樹 写真集 Mt.Fujiもアマゾン配送商品なら通常配送

4.5/5(2)

そのひとりが写真家・石川直樹さん(41)。 石川直樹さんは17歳から世界を旅しており、 主に山岳を対象に文化人類学・民俗学などの視座から 写真を撮り続け高い評価を得ています。 昨年は田淵行男記念館でも個展が開かれました。

あくなき冒険と探求を続ける石川直樹の足跡と眼差しは、新たな視点から地球というこの星を見つめ直す契機となるでしょう。 写真展情報 「POLAR

石川直樹さんの写真展に行って – かつてズームレンズにしたこと。 私も大学生のころにバックパッカーみたいなことをしていたので、石川直樹さんの冒険には羨ましさもありました。現役で、単焦点レンズのフィルムカメラを使っていることも。

life 就職せず、旅を生業にして生きる。写真家・石川直樹さんが選んだ「誰もやってこなかったこと」

石川直樹「k2 & ガッシャーブルムii 遠征 2019報告会」を開催します 【第5期】合否結果をメールにて送付しました 「第4期フォトアーキペラゴ写真学校 修了作品展」いよいよスタート! 第4期フォトアーキペラゴ写真学校 修了作品展を開催します

東京都立多摩図書館移転3周年記念 企画展示 「すべての旅は本から始まった──。 写真家 石川直樹の世界」 石川撮影のポスターや写真作品、太平洋横断に挑戦した際の記録映像や漂着した品々、石川の本棚の再現などが展示されます。

the galleryが開催している写真展・企画展の詳細をご紹介しています。

解説. 写真家・石川直樹がライフワークとして10年以上にわたって追いつづけ、ユネスコの無形文化遺産に指定された「来訪神」にまつわる行事のほか日本列島各地に残る20の来訪神儀礼と、異形の神を迎える人々を収めた写真集。

と写真家・石川直樹さん。本展は彼が20年以上続けてきた旅の写真を集約した過去最大規模の展覧会だ。 「展覧会を企画した時がちょうど40歳になる頃で。高校の時からずっと旅をしてきたけれど、今まで過去を振り返ってこなかった。

石川さんが立ち上げたプロジェクト〈写真ゼロ番地〉が 2016年度の集大成として開催するもの。 鈴木さんと石川さんが知床に滞在して撮った新作などを公開します。 石川直樹さん 〈写真ゼロ番地〉のテーマは「知床を撮るのではなく、知床で撮る」。

本書は2011年のエヴェレスト行を中心に、その後のローツェ、マカルー遠征などヒマラヤ行の際に撮影された写真を加えて構成された、石川直樹による「everest」写真の集大成である。 「石川は、彼と一緒に我々をエヴェレストに誘っているようだ。

石川直樹、そのままでいい。 「肩書きを付けられるのは違和感がある」 と石川さんは言った。 「冒険家と未だに呼んでくれる人がいるんですが、自分から名乗ったことは一度もないです。一年で最も多いのが写真の仕事だから、一番適切なのは写真家。

1月12日から、東京オペラシティ アートギャラリーで個展が開かれる写真家・石川直樹さんに、東京の会期中にもかかわらず当ギャラリー で写真展をして頂けることになりました。展覧会最終日にはトークイベントも開催します。※要予約 続きを読む 石川直樹 写真展 『THE HIMALAYAS』

銀座蔦屋書店では、12⽉22⽇(日)にアーティストトークイベントも開催決定。写真集に収められた作品や旅の話を石川直樹さんから直接聞けるチャンスをお見逃しなく!また、展示では写真集の先行販売

石川直樹 ―展示も、17世紀以降の世界の中心=ヨーロッパ的な価値観を、アボリジニの芸術がぐるりと反転させるような内容ですしね。 石川

石川直樹 日本列島(Amazon検索結果一覧へ) ※各書影クリックで、Amazonの詳細ページへリンクします。 プロジェクト「日本列島」は、写真家・石川直樹さんの視点で切り取った日本の風景が、写真集というかたちで私たちにとどけられます。

『fujifilm square 開館10周年記念写真展 石川直樹 写真展「いつでもどこでも写ルンです」』が8月11日から東京・六本木のフジフイルム スクエアで

写真家の石川直樹さんの作品展「K2」が、銀座のシャネル・ネクサス・ホールにて開催中です。 2011年に世界最高峰のエベレストに二度目の登頂を果たしてから、ローツェ、マナスル、マカルーをはじめとした8000m級の高峰への遠征を毎年重ねながら、石川さんは写真や映像、そして文章で登頂

未知なるものを求めて 〜石川直樹 写真展「この星の光の地図を写す」 現在、水戸芸術館で開催されている写真家・石川直樹「この星の光の地図を写す」展は、石川氏の20年に渡る活動の集大成ともいえる大規模個展です。

11月28日(土)から、北海道博物館にて写真家の石川直樹さんによる写真展「Across Borders:」が始まります。これは、石川さんが旅した北海道とカナダの風景を展示する写真展。カナダの森を歩いて「森から漂う松の香りがなんだか懐かしい」と感じた石川さんが見つけたものとは、何だったの

Mar 12, 2018 · 辺境から都市まであらゆる場所を旅しながら作品を発表し続ける、写真家の石川直樹氏。Gクラスで訪れた、知床半島の冬の記録。|Mercedes-Benz LIVE!(メルセデス・ベンツ ライブ)

toggle navigation. Top News; Profile; Works; Books; Movies; Instagram; Blog; Links; Contact

【銀座 蔦屋書店】2度目のエヴェレスト登頂を成功|写真家 石川直樹による大型作品展示「everest」を12月1日(日)~開催 。

「登山家」と「写真家」の顔を持つ石川直樹さん。 世界を旅しながら、写真をとり生活を成り立たせるのは 大したものだと思います。 石川直樹さんの登山・七大陸最高峰登頂ついてまとめてみました。 目次. 1998年5月 デナリ(6190.4m)登頂

最後の冒険家とも称される写真家、石川直樹さんの個展に行ってきました。基本的に写真撮影okの展示だったので、写真とともに個展の共有ができればと思いますよ。

東京オペラシティアートギャラリーにて開催中の写真家・石川直樹さんの写真店に行ってきました。個人の撮影したものでこれだけの規模の展示はなかなかなく、作品数も400点以上の充実ぶり。しかも僕がいった日はご本人が来館してのギャラリートークもありというモリモリな展示日でした

石川直樹写真集「THE VOID」(ニーハイメディア・ジャパン)の雑誌を販売中!定期購読なら、割引や送料無料になる日本最大級の雑誌専門サイト「Fujisan.co.jp」がお得!!今なら初回500円割引やレビュー500円割引もあります。最新号からバックナンバーまで豊富に取り揃えています!

都市から辺境まで世界をフィールドに歩き続けてきた写真家、石川直樹氏の写真展「Lhotse|Manaslu」が、6月28日より表参道「GYRE」にて開催! 写真家・石川直樹氏のヒマラヤを巡る旅を結晶化した写真展。 石川直樹 国東半島 – Google 搜尋

人物. 幼稚園から高校までを暁星学園で過ごす 。 2001年9月、早稲田大学第二文学部歴史民俗系専修卒業。 2008年3月、東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。 学位は博士(美術)2008年(平成20年)。2009年、立教大学社会学部非常勤講師。

世界各地を巡りながら、人々の生活の営みや大自然に焦点を当て、シャッターを切ってきた写真家・石川直樹さんの個展「この星の光の地図を

著者「石川直樹」のおすすめランキングです。石川直樹のおすすめランキング、人気・レビュー数ランキング、新刊情報、Kindleストア等の電子書籍の対応状況をチェック! プロフィール:1977年生。写真家。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程

この写真展は、「北海道とアルバータ州の姉妹州提携35周年の記念事業として、カメラマン石川直樹氏による現代写真展で、石川氏が北海道とアルバータ州の両方で撮影した、風景や人びとの暮らし、先住民の文化などの写真を展示し、両地域のつながりを

シェア. ©2019 Tokyo Opera City Art Gallery

企画展示「すべての旅は本から始まった―。写真家 石川直樹の世界」 10代後半から世界各地を巡り写真を撮り続けてきた石川直樹氏の世界を紹介します。挑戦すること、世界を見つめること、考えることなど石川氏の生き方を伝える展示です。

Jan 16, 2020 · 「K2」(2015) 1月 12 日より写真家・石川直樹さんの大規模個展「この星の光の地図を写す」が東京・初台にある東京オペラシティ アートギャラリーにて開催される。さらに前日の11日 には写真集『 Ama Dablam 』( S

石川さんと考える、冒険のこと. ──まず石川さんは何者ですか? 写真家、著述家、それとも冒険家? 小学生とワークショップをする機会があるんですが、その時は「世界中を歩きながら、写真を撮ったり、ときどき文章を書いたりしています。

写真展のタイトルは〈この星の光の地図を写す〉。今年1月6日の「日曜美術館」で山岳写真家として知られる田淵行男さんの特集番組が放映されたばかりですが、このとき解説者として出演していたのが石川直樹さんでした。山岳写真の世界を変えたと言われる田淵さんの遺志を継ぐ若き写真家

『富士山にのぼる』 石川直樹/著 教育画劇 刊 出版年:2009.11 請求記号:45 イ 石川直樹の肩書きが「冒険家」から「写真家」にシフトしていったのは、写真集『NEW DIMENSION』(赤々舎)が刊行された2007年あたりからだろうか。

2011年5月20日6時12分、石川は再び世界最高峰の頂に立った――本書は2011年のエヴェレスト遠征を中心に、その後のローツェ、マカルー遠征などヒマラヤ行の際に撮影された写真を加えて構成された、石川直樹による「everest」写真の集大成。

石川直樹さんとともに、写真ゼロ番地知床作品展「top end4」(2020年2月22日(土)-3月8日開催予定)で新しい知床を表現してくれる映像作家・振付家・ダンサーの吉開菜央さん。

石川直樹 For Everest *写真は、キャンプ3でのぼくのテント。右奥オレンジのはソリ、灰色の簡易トイレ、黄色のダッフル。テントの右に置いてあるのは水作り用の雪袋。左にあるのはSOTOのガソリン

毎日写真を掲載していますし、 この2年というもの、日々カメラをたずさえて 相当な数の写真を撮っています。 ある意味で、糸井重里にとって写真というものは、 文章に匹敵する日常的なメディアになっていました。 一方、石川直樹さんは、

石川直樹氏によるギャラリー・トークを再度行うことが決定しました!石川が自らの言葉で、作品のエピソードをお話します。 日時:5月25日〈金〉11:00- 集合場所:石川直樹展 第1会場入口 料金:無料(要当日観覧券) ※事前予約不要

石川直樹さんが旅をしはじめて、20年の月日が過ぎました。その間、氷の山にしがみついたり、無人の荒野を行ったりしながら、写真家は、それらと同じ気持ちで、たくさんの人に会ってきました。旅も人も写真も山も、みんな先生。石川直樹さんの「学びの20年」、振り返ってもらいました。

fujifilm square 開館10周年記念写真展. 石川直樹 写真展 「いつでもどこでも写ルンです」 開催のお知らせ

石川直樹さんの新作写真展「makalu」が昨日2014年8月20日より東京・六本木のima gallery(ima concept store内)で開催されている。

石川直樹(いしかわ・なおき) 写真家 1977年東京生まれ。高校2年生のときにインド・ネパールへ一人旅に出て以来、2000年に北極から南極まで人力で踏破するPole to Poleプロジェクトに参加。

石川 直樹 写真展:Encounter Nature日本の風土の詳細をご紹介しているページです。

都市から辺境まで世界をフィールドに歩き続けてきた写真家、石川直樹氏の写真展「Lhotse|Manaslu」が、6月28日より表参道「GYRE」にて開催! 写真家・石川直樹氏のヒマラヤを巡る旅を結晶化した写真展。 石川直樹 国東半島 – Google 搜尋

未来へと歩きはじめた子どもたちへ石川直樹がおくる、はじめての写真絵本。 10代の頃から世界を旅し、エベレストをはじめとする7大陸の最高峰すべてに登頂をはたした石川直樹――。

見慣れたはずの富士山や、北極圏を捉えた石川の写真の前に立つと、そのような問いが頭の中をよぎります。石川の写真の魅力は、彼の旅を追体験しながら、世界を見る自分自身の視線を「既視」という感覚からアップデートできる点かもしれません。

世界をフィールドに活躍する写真家・石川直樹さん。その初期から現在までの活動を、写真や映像作品をはじめ、愛用の道具なども見ることができる大規模な個展を開催中だ。

知覚する旅足跡たどる国内外を縦横に旅しながら撮影を続ける写真家、石川直樹さん(41)のこれまでの活動を紹介する写真展「この星の光の

1977年東京生まれ。写真家。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。人類学、民俗学などの領域に関心を持ち、辺境から都市まであらゆる場所を旅しながら、作品を発表し続けている。『new dimension』(赤

高校2年生のインド・ネパール一人旅にはじまり、2000年には「Pole to Pole」プロジェクトで北極から南極までを踏破。翌年には世界七大陸最高峰登頂の最年少記録を塗りかえ、その後も世界の地表からてっぺんまでを風のように駆け抜けている石川直樹氏の旅のマストハブアイテムは。

石川直樹さんが、この夏パキスタンの「K2」登頂を目指す。すでに世界最高峰エベレストに2回登頂しているにも関わらず、8000m峰14座の中でも最も